特許を取得した治療法?
ホーム > スポーツ障害について

スポーツ障害について

多くの症状を解決してきた実績があります。

スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは?のイメージ

長中期的に同じスポーツを続けることなどにより、一定の部位に負荷がかかって発生する症状を「スポーツ障害」と言います。
体の使い過ぎを原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。
痛みの症状が出る部位は、肩関節、肘関節、手関節、股関節、膝関節、足の甲、すねが挙げられます。
また、成長痛(骨の成長と筋肉の成長がシンクロしていないためにおこる)もあります。

スポーツ障害で痛みがでる主な症状と部位

首 むち打ち症 肩 野球肩 肘 野球肘、テニス肘、ゴルフ肘 腰 腰椎分離症、すべり症 膝 サッカー膝、ランナー膝、ジャンパー膝、オスグッド、シュラッター病 脚 アキレス腱炎、成長痛 足 足底筋膜炎

その他症状でもお気軽にご相談ください。