特許を取得した治療法?
ホーム > 交通事故治療について > むち打ち症について

むち打ち症について

むち打ち症は診断をしてもあらわれない事が多々あります。痛みを感じたら早急な解決を目指してください。

むち打ち症について

むち打ち症についてのイメージ
主な原因について

むち打ち症の最も多い原因は自動車の追突によるものです。
駐車、停車中に後方から追突されると、車体が前に飛び出してしまい、身体もシートとともに前方へ移動させられますが、頭部だけはその場に残ろうとします。
そしてあとから全身の動きについていきます。
衝撃時には首が後ろに引き伸ばされ(過度の伸展)、次の瞬間には反動で頭部が前に倒れ、首が前方に強く曲がります(過度の屈曲)。
首の部分がムチでしなるように前後に連続して大きく動くために、「むち打ち症」とよばれております。

首がこのような一連の動きをするのは、首の骨が一本の骨だけではなく、7個の骨が積み木のように重なってできているためです。

むち打ち症の治療について

むち打ち症を放置してしまうと重大な後遺症が残ってしまうケースがあります。
むち打ち症だと感じたら必ずしかるべき医療機関、整骨院に相談する事をおすすめします。
また、むち打ち症はその時にはすぐに痛みが出ずに数日経過してから痛みに襲われるケースも多々ございますので、軽微な事故でも交通事故に遭ってしまった際には必ず検査を受けるようにしてください。

交通事故治療とは?

交通事故治療とは、一般的に交通事故が原因の症状に対して施術することを指します。
また、施術には主に自賠責保険が適用されます。

当院では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方また、治療を受けているが思ったように良くならず困っている等のお悩みを解消すべく様々なご相談に応じております

主な交通事故が原因の症状

交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。
そうならないためにも、早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで、きちんと治療される事をおすすめします。

交通事故治療にはほとんどのケースで自賠責保険により治療費が出るので、患者様が直接“治療費”や“診断費”を負担することはありません。